So-net無料ブログ作成
検索選択
本・マンガ・アニメ ブログトップ

12年ごしの… [本・マンガ・アニメ]





 「……笑顔がきれいで 好きだったの」

   「そう」

 「ほんとうに ほんとうに きれいだったんだよ」

   「ああ……」
 


ああああもう!何て切ないんだぁ…麻衣ぃぃぃっ・゚・(つД`)・゚・
恋愛物は殆ど読まない私ですが、このシーンは泣いてしまいます…。

なんかもう色んな意味で伝説の小説ゴーストハントシリーズ」……の漫画版、ついに完結。
連載が始まった時は嬉しかったなぁ。
そうそう!この絵で見たかったんだよぉぉぉ!みたいな。
あれからもう12年。
途中で雑誌がなくなって掲載紙を移ったり、雑誌連載が途中で終了して異例のコミックス書き下ろしになったり。
本当に完結まで行くんだろうかとハラハラした12年だったなぁ。

ほんと、素晴らしい最終巻でした。
見事に描き切ったいなだ先生、お疲れ様でした(^^)



小説未読の読者は、あのラストをどう感じたんだろう。
私自身はネタバレ満載の続編を最初に読んでしまったので、最終巻の驚きを体験できなかったんですよね……それが悔やまれます。

さー、次は原作のリライト版だ!!!!




ゴールデンスランバー [本・マンガ・アニメ]


ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー




「痴漢は死ね」


吹き出すと同時に涙が出そうになりました…。


伊坂幸太郎は初読み。
映画宣伝を見て、気になってネットで書評を漁ったらなんか面白そう?
ってことで図書館で借りて来ました。
ドキドキしながら夢中で読んでしまいました。
時系列の入れ替えがうまいなぁ、伏線の活かし方も。
あーまた読む作家が増えちゃった(笑)

ビートルズは全然分からない私ですが、ゴールデンスランバー、聞いてみたくなりました。

獣の奏者 3 探求編 [本・マンガ・アニメ]


獣の奏者 (3)探求編

獣の奏者 (3)探求編




[exclamation×2]一部ネタバレありです[exclamation×2]


「生まれて、死ぬまでのあいだに この十年があって、よかった」


もう今までのような穏やかには暮らせない、と分った時にこう言えるのがすごいと思います。
そう遠くない未来に訪れるであろう、平穏な生活の終わり。
いつもそれを心の隅に留めて精一杯生きていたからこその言葉、なのかな。
それでもなお、息子を、家族を守るために志を曲げてでも最善の道を歩こうとするエリンとイアル。
二人と息子ジェシのこれからを思うと、苦しくて切ないです。
8歳のジェシの描写がもうかわいくって、自分の息子と重なってしまうからかもしれません。

早く完結編を読みたい…。
図書館の順番待ち中です(^^;
来たら夫と奪い合いですよ(笑)



…自分はどうだろう。
幸せな生活が終わった時、こんな風に思えるだろうか。
重い言葉です。
本・マンガ・アニメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。